自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 3

免許証に関する基礎知識

テクスチャー01自動車運転免許証は自動車(バイクも含む)の運転を公道で許可するもので、公安委員会と警察により管理されます。
免許は近年、小型化されてカードサイズとなりました。
本籍・現住所・氏名・生年月日・取得した免許の種類・取得年月日・有効期限・照合番号などが記載されたれっきとした公文書で、銀行や郵便局での金銭や物品授受の際に本人確認や警察の取り締まりを受ける際に、登録情報との照会をするなどに利用されます。
免許に記載される照合番号12ケタで記載されており、これにより免許取得時の取得県や取得年度、再交付回数などの情報が分かります。
これはれっきとしたライセンスで国家試験による資格取得をするもので、運転をする場合は必ず免許を所持していなくてはいけなく、万が一不携帯運転となれば取り締まりの対象となります。
自動車運転をしていれば危険と隣り合わせで、事故を引き起こすことがあれば、事故に巻き込まれることもあります。
交通事故の際に警察官が運転者情報を速やかに確認するために、いつも所持する義務があります。
この資格は比較的簡単な取得が可能で、自動車学校に通い一定の教習課程と座学教育を受けることでほとんどの人が合格する資格です。