自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

青信号でも絶対安全とは言えません

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

街中の至るところにある信号は、言うまでもなく交通事故が起きないように設置されているわけです。
誰もが知っていることですが、赤信号では止まらないといけませんし、青信号であっても注意をした上で進まないといけないのです。
ここで覚えておかないといけないことは、青信号だからと言って絶対に安全というわけではないのです。
車を運転する人からすれば、信号が青になったらすぐにでも進みたいところでしょうが、その前にしっかりと安全を確認してから発進すべきなのです。
もしかしたら、赤信号を無視して走ってくる可能性もあるわけですし、その際に交通事故に巻き込まれる可能性も決してあり得なくはないのです。
もちろん、その場合は相手の過失となるので、修理代や損害賠償は請求できるでしょうが、できることなら事故に遭わないことが1番ですから、防げる事故はしっかりと防いでおきたいところです。
それ以外のケースとして、信号を渡っている歩行者が足が不自由で、青信号のうちに渡りきれない可能性もあるわけです。
それを確認せずにこちらの信号が青になった瞬間に走ってしまうと、歩行者との事故に繋がりかねないのです。
どちらにしても、青信号でも安全が保証されているわけではないので、自分自身での安全確認は必須なのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。