自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

どうして?ちゃんと見ているのに追突しそうになった!

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

しっかり前を見て運転しているのに、追突しそうになるということは、覚醒レベルが低い場合、すなわち眠い場合に起こりやすい現象ですが、眠くない場合でも考え事をしていたりすると、気が付いたら追突してしまったということがあります。
そういったことを引き起こしやすいのは、免許を取って間もない人よりも、運転に慣れてきたときの方が起こりやすいです。それは、免許の取立てのころは、操作や周囲に注意を払うことに対して精一杯のため、追突するということはあまりありませんが、運転に慣れてきて、考え事をするようになるとそれが油断となってそういった状態に陥りやすくなります。
心配事や考え事などに意識が向いていると、漫然と目に映っている状態でただ見ているだけで周囲の状態に対して意識がまったく向いていない状態となるため、追突しそうになっても危ないという意識が働かなくなることでこういった状態になります。
意識が運転に集中できなくなってしまったりして、漫然と見ている状態は、見ていない状態と変わらないのでとても危険です。自分の意識をコントロールして、運転に意識を集中させるように心がけるようにすることで、そういった事故を防ぐことに役立ちます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。