自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

意識してるのに!危険なものほど吸い寄せられちゃうワケ

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

交通事故の大きな原因の1つに、視覚吸引作用を挙げることができます。
簡単に言えば、運転中に周囲に関心が寄ってしまい、それによって危険だと意識しているにも関わらず、判断が遅れて結果的に事故を起こしてしまうのです。
例えば、運転をしている時にお店に目を向けたり、人や動物に視線を向けてしまうこともあるわけです。
そこに視覚が集中してしまうと、目の前に停車している車にぶつかりそうになり、危ないと分かっていても視線は別の方へ向いているので、そのまま車とぶつかってしまうわけです。
また、このようなケースだけに限らず、例えば長時間高速道路を走っていたり、長い距離のトンネルを走った後にも、視覚吸引作用が起きてしまうことがあります。
それによって、スピードがあまり出ていない感覚になったり、車間距離が長く感じたりして、さらにアクセルを踏んだり、車間距離を短くしてしまい、それで事故を引き起こすケースもあるのです。
こういった視覚吸引作用を防ぐためには、視野をなるべく広く見るようにして、一点だけに視線を集中させないようにしましょう。
そして、運転による目の疲れも大きな要因になるので、適度に休憩をして目を休ませるようにしましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。