自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

交差点での運転で注意すること

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

交差点は、道路形状の中で最も交通事故の発生件数が多い場所で、特に信号機が無い場合は死亡事故が多いのも特徴です。仮に信号機が設置されていたとしても、万人が信号無視をしないとも限らないため、常に注意して走行する必要があります。
信号機の有無に関係無く、交差点を通過する際の共通の注意点として、危険を察知した場合にすぐに対処できるよう、足はアクセルでは無くブレーキペダルに乗せておくことが大切です。また、通過した先が渋滞しているために、横断歩道上で停止せざるをえないことが無いよう、常に先を見据えて運転することも必要です。
信号機のある交差点では信号に従うのが常識ですが、運転免許を持っていない人の多くは、信号に対して正しい認識を持っていません。赤の「止まれ」や青の「進んでも良い」というのは誰でも理解していますが、黄色は基本的に「止まれ」で、安全に停止できない場合に限り進んでも良いということを、理解していない人が多いのも現状です。特に黄色でも通過を試みる傾向にある自転車や、赤信号に変わるまでに渡りきれない可能性のある高齢者には、細心の注意を払う必要があります。
信号の無い交差点では、早い段階で優先道路かどうかの判断をしておく必要があります。標識や中央線が見当たらず、どちらが優先道路か判断が難しい場合は、安全を優先していつでも停止できるよう十分にスピードを落として通過するようにします。バラ03

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。