自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

交差点での右折の方法

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

交差点での右折は、左折時特有のバイク等の巻き込み事故の心配はありませんが、対向車や進行方向の横断歩道などに注意して進行する必要があります。
左側のレーンを走行している場合は、予め一番右側のレーンに移動しておきます。道路交通法により右左折時の合図は30メートル手前までと規定されているため、やや早めにルームミラーで後方の確認を行い、交差点の30メートル手前までに右側のウインカーを上げます。一旦間を置いた後、ルームミラーで後方を、目視で右側を確認し、センターラインギリギリまで徐々に寄せていきます。
交差点に進入する前に、交差点内と右折後の交通状況を確認し、渋滞でスムーズに走行出来そうに無い場合は停止線の手前で待機し、問題無い場合に限り交差点へ進入、道路上にペイントされているラインを踏まないように中央まで進み待機します。安全に右折できることを確認できた時点で右折を開始しますが、進行方向の横断歩道を歩行者が横断しているか、あるいは横断を開始しようとしている場合には、必ず横断歩道の直前で停止する必要があるほか、横断歩道を渡るかどうかハッキリしない歩行者がいる場合は、その歩行者が横断歩道を渡らないという確証を得られた時点で走行を開始します。ひまわり

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。