自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

暗いとスピードが落ちたように感じる理由とは

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

運転中に暗いとスピードが落ちたように感じる理由には、体感速度が関係してきます。
トンネルの中など暗い場所では、風景の変化が余りありません。そのため、実際の速度と体感的な速度に齟齬が生まれやすくなってしまうので、気がつかないうちに速度が落ちたような錯覚を起こしてしまいます。
運転していて、スピードが落ちたように感じてしまうと、いつの間にか過剰にスピードを出してしまうことにつながってしまうので、速度超過に陥りがちになってしまい、事故を起こすきっかけにもなる可能性があります。
また、高速道路では、逆のことが起きて、幅の狭いトンネルに入るとトンネルに入る前よりも早く感じてしまうため、無意識のうちに前より早く感じてしまうことがあります。高速道路の場合、外の景色が開けておりますが、トンネルに入るとトンネルの壁面で、急に近くで景色が流れるので、強い刺激として視界に入ってくることで、スピードが速く感じるため、アクセルを緩めてしまうという結果につながります。
人は、運転をしているとき、前方に注意が向いてしまい、ある一定の速度になると速度計をあまり見ませんが、こういった症状を回避するためには、トンネルなどの暗い場所に入ったときには、速度計を見て、速度を一定に保つように勤めることも大切です。テクスチャー18

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。