自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

前を走っている車が見えなくなる理由について

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

トンネルの中を運転していると突然前を走っている車が見えなくなることがあります。
実はこれは人間の目の宿命とも言える蒸発現象なのです。
主にトンネルを抜ける時に起こる現象なのですが、外の明るさと前を走っている車の色とが溶け込み消えているように見えるのです。
特に白い車やアルミのトラックなどでこのような現象が起こります。
他にも入り口付近では黒い車が溶け込んで一瞬見えなくなることもあるのです。
ただこれは一瞬の事でありトンネルを抜けるとまた目が慣れるのできちんと見えるようになります。
しかしこの現象のことを理解していなけば衝突事故を起こす危険があるので注意してください。
まず現象が起こるということを事前に知っておくといいでしょう。そうすれば一瞬見えなくなってもスピードを出そうとは思わないはずです。
そして自分の後ろの車のドライバーが蒸発現象を起こして追突してこないようにする対策ですが、昼の場合トンネルを抜けた後すぐにライトを消すのではなく少し走行してから消すのがいいでしょう。
出来るだけ十分な車間距離を置くことも大事です。
これだけでもトンネルの出口付近での衝突事故を防げますし自分が被害に遭うことも避けられます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。