自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

マフラーを選ぶ時は消音性能のバランスを意識

2015年10月05日 · コメント(0) · 未分類

車を自分の好きな走行ができるように変えるためのパーツがとても多く販売されています。メーカー純正品からサードパーティ製まで車両ごとに多くのパーツがありますが、中でもマフラーが人気が上がっています。排気系を変えるとエンジンの出力特性が変わります。そのため、バランスの悪い製品を買うとかえって出力が落ちてしまうこともあるので注意が必要です。排気系を変えると、エンジンからの排ガスの流れがよくなります。初期で付いている物は騒音を最低レベルに落とすためにかなり絞った形状をしているのですが、サードパーティー製は車検対応ぎりぎりまで配管を太くしており、空気がより多く抜けるように作られています。空気の流れが良くなるとエンジン側ではより多く排気できるようになりますので結果として出力が上がります。ただし、ぬけが良すぎる場合はエンジンの出力が安定しないという問題もありますので、適切なパイプ径にすることが大事です。また、製品によっては吸気系とトータルで買わないと本来の性能が発揮されないものや、コンピュータの設定変更も合わせて行う必要がある製品などさまざまです。特にコンピューターは標準のパーツ用に設定されているコンピューターなので抜けが良すぎると補正がおかしくなり出力を下げる場合も多いようです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。