自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

なぜ?上り坂なのにスピードが出てしまうワケ

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

車を運転していると、下り坂なのにスピードが落ちてしまっていたもしくは逆に上り坂なのにスピードが上がってしまったということがあります。この原因は、大きく2つ考えられます。まず、車そのものに問題があるという場合です。車の調子が悪いが故にこのような事態が引き起こされる場合があります。
そして、もう1つが目の錯覚によるものです。下り坂を走っている時に、その先に緩やかな下り坂が続くような道では、緩やかな下り坂がまるで上り坂のように見えてしまうのです。実際は、下り坂ですから、車の速度は下がるどころか速くなるということになるわけです。勾配の変わり目は非常に危険なポイントですので、運転をする際には注意が必要です。錯覚は、いつ起こるのか分からず、予防するということは難しいことですが、このような現象があるということを知識として覚えていることにより、実際にそのような事態に陥った場合でも、冷静に対応することが出来ます。車の運転は、初めての時は非常に緊張するものですが、長い間運転をしていると、次第にその緊張感も薄れてきてしまいます。そのような時に事故に遭いやすいため、運転をする際には十分に気をつけることが大切です。–¼Ì–¢Ý’è-2

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。