自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

信号が青になっても一呼吸おいて発進しよう

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

信号が青になったと同時に、車を発進させる人も少なくないと思われます。
確かに、少しでも急ぎたい気持ちも分かりますし、後ろのことも考えて早く進んだ方がいいと考えてしまうのも、決して無理はないかもしれません。
ただ、やはり信号が青になったからと言って、すぐに発進をするのではなく、まずは一呼吸おいて安全を確認して、それから進むようにしましょう。
もしかしたら、まだ歩行者が渡りきれていない可能性もありますし、場合によっては信号無視で突っ込んでくる可能性もゼロではないのです。
そうなれば、もちろん相手が悪いわけですが、命の危険に晒されてしまう可能性もありますし、それを考えてもやはり安全は確認すべきだと言えるのです。
一呼吸おいてから発進したとしても、たかが数秒の差しいかないわけですから、そのような時間を惜しんでまで、わざわざリスクが高くなる行為をする必要もないわけです。
また、信号が青になってすぐに発進しようという気持ちになると、時差や分離信号を勘違いしてしまい、赤の状態で進んでしまう可能性もあるのです。
完全に青になって、なおかつ数秒ほど安全確認をすることで、そういった大きなミスを防ぐこともできるわけです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。