自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

対向車だけでなく横断歩道にも細心の注意しよう

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

交差点は車だけではなく歩行者など、たくさんの人が利用している場所です。そのため運転に際してもより深い注意が求められます。まず左折時に気をつけたいのは、歩行者やバイクなどの巻き込みです。これは、それらに対する確認不十分が原因であることがほとんどです。そのため左折する時になってから確認するのではなく、その前から確認しておくことが求められます。そして右折時に関しては、左折時以上の注意が求められます。まずは対向車です。対向車が途切れないと右折できないわけですから、ついつい無理して突っ込んでしまいがちです。しかし特に対向車がトラックなどの大型であった場合、それが行ってしまった後にその後ろから、見えづらい軽やバイクなどが出てくることも珍しくはありません。ですから焦る気持ちをぐっとこらえて、完全に対向車が途切れた、あるいは十分な余裕が感じられるタイミングで右折することが求められます。しかしそれだけでは注意としては不十分で、その先にある横断歩道にも注意を向けることが求められます。慌てて右折をして、しかしその先の横断歩道に歩行者などがいたと言う場合は、衝突事故にもなりかねません。そのため対向車を確認しつつ、その先の横断歩道にも注意を向け、歩行者などがそこにいた際には、その人たちが渡り終えるのを待つのがマナーです。特に夕暮れ時や夜間、雨天時などの視界確保が難しい時には、より一層の確認が必要です。花01

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。