自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

対向車に道を譲ってもらった時は2輪車に注意しよう

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

運転をしていると反対側にある駐車場などに入りたいことがありますが、その際にウィンカーを出して待っていると対向車線のドライバーが譲ってくれることがあります。譲ってもらった手前、スムーズに右折をしたいところですが、その際には安易に右折をするのではなく二輪車の存在の有無をしっかりと確認するようにしなければいけません。
譲ってくれた時に右折をすると、時には陰から二輪車がすり抜けをしてきて衝突してしまうようなケースがあるのです。譲ってくれたイコール安全に右折ができるという訳ではありませんし、ましてや譲ってくれる側も安全に右折ができるからといって入れてくれる訳でもありません。ですから右折をするドライバー自身がしっかりと安全を確認する必要がありますので、右折をする際には十分に注意が必要です。
安全に右折をする為には勢いよく曲がるのではなく、ゆっくりと対向車の陰を確認しながらハンドルを切っていくことが大切です。また、二輪車の存在だけでなく、歩行者などにも十分に気を配らなければいけませんので、基本的には慌てて右折をしないように意識した方が良いでしょう。仮に事故を起こしても譲った方には責任はありませんので、自分の為にも安全確認は重要と言えます。花02

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。