自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

手続き期間について

2014年08月11日 · コメント(0) · 未分類

運転免許証の更新手続きを行う場合には、あらかじめ定められた手続き期間内に行わなければなりません。更新手続きができる期間は、運転免許証の有効期間が満了する年の誕生日の1か月前から、誕生日の1か月後までの間です。ここで、誕生日の1ヶ月後がちょうど土日や祝日、年末年始の休日になっている場合には、その翌日まで、その翌日も休日の場合には更にその翌日まで更新手続きをすることが可能で、古い運転免許証もその日まで有効です。
万が一、運転免許証の更新を忘れてしまっても、有効期限が切れてから6ヶ月以内であれば、比較的簡単な手続きで運転免許証を交付してもらうことができます。しかし、有効期限が切れて6カ月以上経ってしまうと、その運転免許証は無効になってしまいます。この場合には、再度運転免許の試験を受けて、もう一度運転免許証を取り直す必要があります。但し、海外に行っていたり、病気で手続きができなかった場合には、有効期限が切れて6カ月以上たっても、そのことを証明するものを提出すれば、適性検査を受けるだけで運転免許証を再交付してもらえます。また、事前に海外に行くことが分かっていたり、有効期限の1カ月以上前から病気で入院しなければならない場合には、有効期限の1カ月以上前でも更新手続きを行うことができます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。