自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

タイヤの空気圧チェックで燃費向上

2016年01月25日 · コメント(0) · 未分類

地面と接しているタイヤは、自動車においては重要な部品のひとつです。ですからタイヤの状態の如何によっては、安全性や燃費に問題が生じることもあります。ですから日頃からこまめにチェックしておくことが必要です。自分ではよくわからないと言う方は、ガソリンスタンドやカーショップなどで店員さんに見てもらうことも可能です。タイヤにおいて特に重要なチェックポイントとしては、タイヤの空気圧が挙げられます。タイヤの空気圧が低下していると、それだけタイヤの地面に接する面積が広くなります。すると当然、燃費の効率も悪くなってしまいます。最近、走行距離は変わらないのにガソリンの減りが異様に早いと感じる方は、タイヤの空気圧が低下しているかもしれません。またタイヤの空気圧が低下していると、雨の日やカーブの際にスリップが発生しやすくなります。ブレーキをかけてから実際に停まるまでの距離も長くなりますから、安全性確保の面でも避けるべきことと言えます。タイヤの空気圧は、適正値と言うものが存在しています。これはドア付近やオーナーズマニュアルなどにも記載されています。ただし、中古の場合などで利用者が自分でタイヤを交換していた場合などは、この数値とは異なる数値が適性値である場合もあります。その数値をもとに、1か月の1度は、空気圧を点検し、減少しているようでしたら空気を入れることが必要です。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。