自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

トンネルの中の不思議とは

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

ドライバーが運転中に注意しなければならないことはたくさんありますが、そのうちのひとつなトンネル内での走行です。
特に気をつけなければならないのは、トンネル内に侵入した直後です。
実はこのとき、少し不思議な現象が起きてしまいます。
その現象とは、無意識のうちにスピードを落としてしまうことです。
道幅は全く変わっていないのに、トンネルに入っただけでアクセルを踏む力を弱めてしまい、無意識のうちにスピードを落としてしまうのです。
なぜこうした現象が起きてしまうのかといえば、内壁に囲まれたトンネルに入ると、ドライバーは強い圧迫感を感じるようになり、その圧迫感からついアクセルを弱めてしまうのです。
道幅は変わっていないのですが、窓外の風景が間近に迫ることによって、条件反射的に危機感を感じてしまうのでしょう。
さて、スピードを落とすこと自体はとてもいいことのように思えますが、これが高速道路を走行する場合においては、周囲の車との調和において危険があります。
つまり、本人は危険を感じてスピードを落としたとしても、後続の車はそのままのスピードで走行しようとするかもしれないからです。
こうした感覚の違いから事故が起きてしまうこともあるので、気をつけなければなりません。テクスチャー17

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。