自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

駐車場の様々な種類と形について

2016年02月17日 · コメント(0) · 未分類

駐車場と一口に言っても、形式によっていくつかの種類に分けられており、それぞれにメリットやデメリットがあります。車を利用する人にとっては無くてはならないものなので、どの形式が自分に合っているのか確認しておくといいでしょう。形式の中で最も一般的なのは「平面」や「平置き」と呼ばれるもので、地上に自動車の区画のみを区切ることで駐車スペースを確保しているタイプです。入出庫に時間がかからないため、使い勝手が良く、車種を選ばずに駐車できるというメリットがあります。しかし、人気が高いぶん月々の使用料が高めに設定されていることが多いというデメリットがあります。次によく見るのが「立体式」と呼ばれるもので、上方向に何層か駐車スペースが積み重ねられているタイプです。平置きに比べて駐車台数が多く確保できるため、スペースが広くない場所でよく利用されています。自走式と機械式があり、自走式は複数階がスロープで繋がっており、車に乗ったまま入出庫ができるタイプで、機械式は無人になった車が機械操作によって自動で駐車スペースに運ばれるタイプです。どちらのタイプも平置きに比べると入出庫に時間がかかるというデメリットはありますが、建物内で屋根がある場合は雨などでも乗り降りが楽で、車が汚れにくいというメリットがあります。テクスチャー12

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。