自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

運転中に起きる不思議な現象について

2016年03月14日 · コメント(0) · 未分類

交通事故の1つの要因として、運転中に起こる不思議な現象を挙げることができます。
この不思議な現象は、特に夜の時間帯に起こることが多いのです。
例えば、昼間であれば普通に見えるものが、夜になると見えなくなるケースがあります。
もちろん、注意不足も1つの要因ではあるのですが、必ずしもそれだけが原因ではないのです。
もしも、自分の車と相手の車、両方のライトが重なり合った場合に、蒸発現象が起こってしまいその部分が見えなくなるのです。
それがもし歩行者と重なってしまった場合、歩行者が見えなくなってしまうことになるわけです。
昼間であれば何の問題もなく認識できる歩行者が、夜になるとそういった現象が起こってしまう可能性があり、それが交通事故に繋がってしまうのです。
それ以外にも、夜になると視覚が狭くなったり、スピードが落ちていると感じたり、目の前にあるはずの物が認識できなくなるなど、いろんな不思議な現象が起こるのです。
こういったことを防ぐためには、夜間は昼間以上にしっかりと集中をしながら運転することが必要になります。
また、運転中もスピードを少し抑えたり、休憩をこまめに取るなどして、集中力を切らさないように心がけましょう。テクスチャー16

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。