自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

右折の矢印信号も安心してはいけません

2016年05月16日 · コメント(0) · 未分類

初心者が街中を運転している時に最も緊張するのが交差点での右折ではないでしょうか。左折時には同じ道路に入ってくる右折車より優先されますから歩行者と共に注意をすれば問題ありません。しかし右折の場合は対抗する直進が優先ですから直進を妨げないように空いた間隔で曲がらなければなりません。優先される直進通行は右折通行に配慮することなくスピードを出しますから発信するタイミングが難しいのです。また、安全を考えていつまでも発進をせずに停止していると渋滞の原因ともなり、後続からクラクションを鳴らされて焦る事もあります。多くの信号では直進側が赤に変わると同時に一定時間、青い右矢印のランプが点灯します。この時は右折のみが許可されるため対抗の直進は赤で進めません。交通量の多い交差点のほとんどはこの矢印信号がでている時間だけが事実上楽に通過できるという場合が多いのです。しかし矢印信号が出ているからと安心して注意を怠るのは危険です。交差点事故の多くがこの状況で起こっています。矢印信号は直進方向が赤になってから点灯しますが、直進が優先される事から赤に変わった瞬間でも突っ込んでくるケースが少なくないからです。発信する際に直進するレーンの停止線に停まっている事を確認しましょう。花03

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。