自動車運転免許

免許のあれこれ

自動車運転免許 header image 2

自走式駐車場の特徴について

2016年02月17日 · コメント(0) · 未分類

5階建ての4階と5階部分に駐車場があるようなところは、車用の出入り口から入り、ぐるぐる上まで上っていくことになります。こうした駐車場のことを自走式駐車場といいます。自走式駐車場の特徴は、ある程度の土地が確保されていれば駐車台数を豊富に確保できる点にあります。そのため、車が通る車幅は、場所によって全く違います。最近できたようなところではある程度車幅も確保され、とても運転しやすいですが、昔に建てられたようなところでは車幅も狭く、すれ違うのも難しいところがあります。

特に気をつけるべきはカーブでのすれ違いです。上り坂で上がってくる車と下り坂を下りてくる車ではスピードも違えば、その心境も全然違います。上り坂の車は駐車スペースを探し、下り坂の車は早く出ようとします。その結果、カーブのすれ違いの部分で正面衝突を起こしやすいので注意が必要です。なので、可能な場合、屋上に停めてしまうのがぶつけられることもなく、安心して走らせることができます。最初から屋上に停めると決めておけば、下り坂の車にも気を配ることができるからです。初心者の人が行くと怖い思いをするかもしれませんが、最初のうちは車幅が確保されて自走式駐車場に行き、練習を兼ねて行くようにしましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。